連携ソリューション 導入モデル

「経営ダッシュボード」導入モデル

■導入モデル 「勘定奉行」×「販売管理システム」との連携

さまざまな規模や導入形態に対応している「勘定奉行」データをDr.Sum EAへ連携。
高度化する顧客要望に対応するため部門別やセグメント別での収益性を分析して、情報を有効活用することが重要となります。お客様の事業形態やエリア別での分析はもちろん、自社独自に利用されている事が多い「販売管理システム」との連動も実現できるため、気づいた異常部分から明細データにドリルダウンし、品目単位まで分析することができます。
運用コストの削減に加え、企業競争力を高めるという意味でも大きな効果をもたらします。

導入モデル@

【経営層】 <メリット>
  1. 瞬時に判断できる自社独自KPIのグラフ表示
  2. 気になる部分は明細データへドリルダウン
    (売上明細まで可能)
  • ブラウザを利用して簡単操作を実現
  • 問題点の所在が一目でわかる
  • 利用ユーザ層が見たい切り口から情報を提供
  • 商品毎の貢献度の分析から一人あたりの利益率などの分析が可能
  • 使い慣れたExcelインターフェースでの利用も可能
【管理者・現場】
  1. 常に良く見る定型レポートをテンプレート化
  2. 集計条件を任意に切り替えてデータを出力

 

製品の拡張(予測値によるシミュレーションの実装) 導入モデル

■導入モデル 豊富な拡張オプションと連携して運用する

Dr.Sum EAは利用用途に応じたインターフェースを拡張することができます。情報をホワイトボードで共有するようなインターフェースに加え、実績値に基づく時系列での様々なシミュレーション機能を実装することができます。

導入モデルA

※時系列予測機能、クラスター機能には、グローバルで実績のある日本ビジュアルニューメリックス社のIMSLライブラリ(統計解析用ライブラリ)を採用しています。

<メリット>
  • 経営企画などの計画立案者による様々な分析を実現
  • 個人によるページのカスタマイズ可能
  • 作成コンテンツは社員に共有が可能

ページのTOPへ戻る
/