SuperStream連携ソリューション

Point1:経営ダッシュボード上に企業内情報を見える化

全社の「会計」や「人事」の情報を、経営者の意思決定に必要な切り口で集計して、経営ダッシュボード形式でビジュアルに表現することができます。単なる管理を目的とした情報管理にとどまらず、より積極的に戦略的活用を図ることができます。

Dr.Sum EA Visualizer
■参照セキュリティ権限を絞って現場向けの業績管理としても活用可能

Dr.Sum EAでは利用者ごとに参照セキュリティ権限を絞って情報表示することも可能です。これによって、全社の企業情報を集約した経営ダッシュボードはもちろん、広く現場部門向けにもそれぞれの担当部門範囲に絞った業績管理ツールとして使うことができます。

Point2:ノンプログラミングでSuperStreamと連携

上記の経営ダッシュボードの元データは、SuperStreamの各モジュールで財務会計や人事/給与の業務を回す過程で蓄積されたものです。もともと管理会計や戦略経営支援をコンセプトにした統合業務パッケージですので、例えばセグメント情報や予算情報などの管理も可能になっています。

またSuperStreamでの業務データの持ち方と、Dr.Sum EAでの分析用データの持ち方では少し切り口が異なりますが、連携ツールsuperstream-connectでは両者の連携をノンプログラミングで実現することができます。

SuperStream & superstream-connect

Point3:ためる、つなぐ、いかす

まとめると、SuperStream「ためる」、superstream-connect「つなぐ」、Dr.Sum EA「いかす」という役割分担になります。

Solution

ページのTOPへ戻る
/